グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

XWORDS

用途別分類(カテゴリー)別
おみちの言葉.. おみちの教え.. 天理教関連用語.. 分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別
   う          く                              ぬ    の          ほ      む  め    や  ゆ    ら    る  れ  ろ  わ・ん  すべて

すべて

(1) 2 3 4 ... 8 »

赤衣

読み:あかぎ  解説:教祖が月日のやしろにおわす真実を、眼に示して納得させようとの思召から赤衣(赤い布地で仕立てた着物)...

朝起き

読み:あさおき  解説: 飲み食い出入りの神様は、方角では東、天にては明けの明星であります。それで、日の出前の明けの明星を...

朝づとめ夕づとめ

読み:あさづとめゆうづとめ  解説: 各地の教会では毎日、「朝づとめ」「夕づとめ」が勤められています。 教会本部では、日の出と日の入り...

麻と絹と木綿

読み:あさときぬともめん  解説: 麻はなあ、夏に着たら風通しがようて肌につかんし、これ程涼しゅうてええものはないやろ、が、冬は寒う...

読み:あし  解説: 足は折れて立つものです。立たないのは、折れないからです、相手を立てないからです。

与え

読み:あたえ  解説: 金銭はかまわんやうなものなれど、それは皆道からでけたもの、道から出来たものなら、それはその運び方...

あほうが望み

読み:あほうがのぞみ  解説: 神様はあほうが望みとおっしゃるのやで。利口なものはつけん。人が小便かけたならば、ああ、ぬくい雨が...

家は狭くても心は広い

読み:いえはせまくてもこころはひろい  解説: 何程立派な二階造りの千畳敷の家に住まいしていても、神様の心に適わねば、病み煩いをして、頭が痛い足...

池の水

読み:いけのみず  解説: 人のために働くのは、ちょうど池の水を向こうへ向こうへ押すようなものや。池の水を向こうへ押したなら...

憩いの家

読み:いこいのいえ  解説: 「おやさとやかた」の一角に設けられたこの施設の正式名称は、「財団法人天理よろづ相談所」「天理よろ...

医者も薬も神の教え

読み:いしゃもくすりもかみのおしえ  解説: 医者、薬、拝み祈祷、易判断も、皆これまで人間修理の為に、神が教えておいたという。なれども、これは...

一代より二代

読み:いちだいよりにだい  解説: 神様はなあ、「親にいんねんつけて子の出て来るのを、神が待ち受けている。」と、おっしゃりますねで。...

一日生涯

読み:いちにちしょうがい  解説: 一日の日、生涯一つの心と定め

一番大きなものに

読み:いちばんおおきなものに  解説: 一番大きなものに得心さしたなら、後は皆得心する。道理やろ。

一手一つ

読み:いってひとつ  解説: どんなものうごかすも、持って歩くもおうぜいの力で自由用自在、皆心のそろうたが自由用自在、こちらう...

いんねん

読み:いんねん  解説: 元来は仏教用語で、直接的原因(因)と間接的条件(縁)との組み合わせによって、さまざまの結果(果)を生起...

いんねん寄せて守護する

読み:いんねんよせてしゅごする  解説: 夫婦、親子、兄弟、その他いろいろな人と人との組み合わせの中で、いんねん見定めて寄せられる。その寄...

縁談

読み:えんだん  解説: 先ず々々、縁談というは、十分に尋ね、あちらも尋ね、それぞれ尋ね、皆んな真の心治まり、どうしていつ...

遠慮

読み:えんりょ  解説: 遠慮は追従になる。追従はうそになる。うそに追従は大ぼこりの台。

おいしいと言うて

読み:おいしいというて  解説: 食べる時には、おいしい、おいしいと言うてやっておくれ。人間においしいと言うて食べてもろうたら、喜...


(1) 2 3 4 ... 8 »
Powered by Xwords  based on Wordbook
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク