グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

病の元は心から

 十ド このたびあらはれた
やまひのもとハこヽろから  みかぐらうた 10下り目 10

 一般には心と身体は別物だと考えられているようですが、果たしてそうでしょうか。最先端の医学でも、心の状態が病状に影響するということが分かってきています。心と身体は関連があるという認識が少しずつ持たれる様になってきました。

 でも、この「病の元は心から」というのは、もっと深い意味があります。病というのは心の向きが違っているよ、心得違いをしているよ、という神様の手引き、お知らせなのです。身体は神様からの借り物で、心だけが自分のもの、という考え方が根底にあります。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク