グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

日参

 毎日、本部神殿や教会に参拝することを日々の参拝「日参」といいます。

 私たちは、親神様から身体をお借りし、日々絶えることのないご守護の中で生かされています。その喜びと感謝、そして真実の心を運ばせていただくのです。

 おさしづに「日々運ぶ尽す理を受け取りて日々守護と言う」(明治26年12月6日)と示されるように、親神様は、日々に運び尽くす真実をお受け取りくださって、結構にご守護くださいます。また、たゆみない心の成人をお見せいただけます。

 日参は、できる限り教会の朝夕のおつとめに参拝しましょう。時間の合わない人は、仕事帰りなどでも結構です。

 教会から遠く離れている人は、日々の思いをつづって、ハガキや手紙などを教会に送る方法もあります。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク