グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー


 肺は、人間が呼吸をして空気を吸うと、その中の酸素を身体に取り込む器官です。一回の呼吸で約四百五十から五百ミリリットルの空気を吸い、その二十パーセントの酸素が肺に送られます。

 肺によって取り込まれた酸素は血液によって人間の各細胞に運ばれます。血液は二、三分に一回身体の中を巡り、細胞に酸素を供給します。

 酸素は人間の細胞にとってエネルギーを使うために必要なものです。火が燃えるために酸素が必要なのと同じです。特に、脳の細胞はわずかな時間でも酸素がないと死んでしまいます。約百四十五億個の脳細胞は、正常に活動するためには身体で使う酸素の量の約二十五パーセントという多量の酸素を必要とします。その酸素補給のため脳を循環する血液の量は、一日二千リットル、ドラム缶十本分にも達します。

 肺は血液に新鮮な酸素を送り込むと同時に、古い炭酸ガスを血液からもらいます。そして吐く息の中に炭酸ガスを入れて体外に出すのです。

 身体の呼吸は、呼(息を吐く)が先です。吸(息を吸う)が後です。人工呼吸は肺の中の空気を押し出します、すると自然と空気が入ってきます。出すことが大事です。出し惜しみせず労力を出す、知恵を出す、お金を出す、心を出すことが大事です。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク