グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

指導者とは

 先日の福田首相の突然の辞任には驚かされました。少しは期待していたのですが、人格的には良いと思うのでが、決断力がなかったのかなと思います。

 さて次の首相には誰が良いのか、巷ではいろんな人の名前が挙がっていますが、この人ならという人が見当たりません。かと言って民主党にも首相にというような人の名前が出てきません。

 過去の総理大臣を見ると、日本的な和の考え方を持って、意見を調整しながら政策を決めていくタイプが多かったように思います。ただ中には小泉さんのように、反対する人は切捨てでも自分の意見を貫くという人もいました。

 国だけでなく、会社や団体等の組織は上に立つ指導者によって大きく変わることがあります。どういう指導者がその団体にとって良いのかは、一概には言えませんが、小泉さんのようなワンマンタイプは良い方針を決めれば大きく良く変わりますが、悪い方針を決めると悪く変わります。融和タイプだと、大きな変化は望めませんが、現状維持の場合が多く、倒産や解散等の確率は低くなります。そして、どちらのタイプが良いかは、その時の状況によると思います。平和で安定している時は、融和タイプが良いでしょう。でも、明治維新のような時代が大きく変わる時は、強いリーダーシップの取れるワンマンタイプが良いと思います。

 また、人間性として自己中心的な人と周りのことを良く考える人とがいます。指導者として上に立つ人間は、自己中心的では部下は付いて来ないでしょう。周りに気を配り、自己犠牲をも省みず、全体の為に行動する人が指導者として相応しいのではないでしょうか。

 身近でも指導者の交代劇を見て来ましたが、やはり自己中心的で人の意見も聞かず、ワンマンタイプの指導者は何時かは失脚します。そんな総理大臣だけはなってほしくないものです。

 天理教甲賀大教会初代会長の山田太右衛門は会長(教会の指導者)の心得として、次のように言っています。

「会長は桶の底になるのやで。芯を預かるものは底にならなんだらいかん。役員は、いうてみたら桶の側や。蓋になりたがるなよ」

 上に立つ者ほど心を低くしなければならないと教えています。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク