グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

燃料

 燃料も時代と共に変遷して、昔は石炭や薪だったのが今は殆んどが石油になっています。電気によるエアコンもありますが、効率を考えるとまだまだ石油に頼らざるを得ません。

 国際情勢の変化により石油の値段は大きく影響を受けます。特に最近は値上がりの方向で、止まる事を知りません。

 また、石油は暖房だけでなく、車や融雪にも使われますから、なおさら深刻な問題です。

 石油に代わるエネルギーはないのかと思えば、色々な代替エネルギーが研究されていますが、利便性や経済性を考えると、まだ実用化には遠いようです。

 代替エネルギーの一番目は原子力エネルギーですが、これは将来にわたり放射能というリスク(危険を伴う可能性)を持っています。

 二番目には風力発電ですが、これは立地条件が難しく、また一般家庭では使う事は出来ません。電力会社等の電気を売る会社で設置して我々は電気を買うという形になりますが、広く普及するには難しいと思います。

 三番目に太陽光発電ですが、これも風力発電ほどではないのですが設置条件があり、どこでも設置出来るとは云えません。先日太陽光発電の関連の会社の人が来られて、太陽光発電機器を設置できるかどうか、教会の建物を調べさせて下さいと云われました。ところが、調べてみると屋根の向きや角度が条件に合わず、無理との事でした。

 最後に、これが一番可能性が高いのですが、燃料電池です。これは水素と酸素を使って電気を造りますから、安くまた環境にも良いです。ただし、機器が高いのと水素をどのように供給するかが決まっていないので、すぐには設置するのは難しいようです。でも、今後機器が安くなり、水素の供給体制が整えば、これ程良いエネルギーはないと思います。

 ただ、大事なことは、エネルギーを贅沢に使って環境汚染やその他の問題が起こることのないように、出来るだけ節約することをしていかなければならないと思います。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク