グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

キャンドルナイト

 6月22日は二十四節気の中の夏至です。一年で一番、陽の長い一日です。

 その日前後に1○○万人のキャンドルナイトというイベントがありました。呼び掛けの一文を次に載せます。

私たちは百万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2〇〇7年の夏至の日、6月22〜24日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ二時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

 私も自宅で参加しました。パソコンの電源を切り、テレビも照明も消し、キャンドルに灯りをともし、静かに本を読みました。ゆったりした時間の流れの中で、夢幻の世界に入り込んだような気がしました。まるで子供の頃に戻ったような。これを機会に時々このような時間を持ちたいと思っています。

 このキャンドルナイトは、呼び掛けの中にもありますが、省エネも目的の一つです。地球の温暖化が危惧されている今日、一人一人が自分の出来ることで温暖化防止になれば良いのではないでしょうか。

 また、キャンドルナイトは、家族の絆を深めるきっかけともなると思います。テーブルの上のキャンドルの周りに家族が集まって、いろんな事を話し合えば、夫婦間の溝も埋まり、虐めに悩む子供も勇気を持つようになり、仕事に悩む若者も明日に向かって一歩踏み出すことが出来るようになると思います。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク