グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

ポイント・オブ・ノーリターン

 地球温暖化が進んでいると言われます。普段の生活の中ではピンとこないものがあります。でも、今年の冬を考えたらどうでしょうか。こんな雪の少ない年は初めてではないでしょうか。ほとんど雪片づけをしなくてもよかった、と喜んでばかりも居られません。明らかに気候が変わっています。

 地球は過去百年で地上の平均気温が0.74度上昇したそうです。そしてその温度上昇はこれからどのくらい大きくなるのか、またその影響はどうなるのか。山本良一先生(東京大学教授 文部省科学省科学官)の論文によると、次の事が考えられるそうです。

★最近の気候シミュレーションによれば、温度上昇が1.5度を突破するのは二〇一六年頃、2度を突破するのは二〇二八年頃と計算されている。

★人類以外の生物種を保全するためには気温上昇を1.5度以下に、人類の中で水不足、マラリア、飢餓、洪水等のリスクにさらされる人口の大量増加を防ぐためには、2度以下に抑制する必要があると言われている。

★ポイント・オブ・ノーリターン(引き返すことのできなくなる時点)は何時か。1.5度突破のポイント・オブ・ノーリターンは二〇一六年頃であり、2度突破のポイント・オブ・ノーリターンは二〇二六年頃となる。すなわち、日本の研究者によって行われた世界最高水準の気候シミュレーションの結果によれば、今年がひょっとすると生物種の大量絶滅の引き返すことのできない年かも知れないし、あと10年程すると今度は人類の環境破局の引き返すことができない年かもしれないのである。

 地球温暖化の危機は、そのうちではなく今からそれを防ぐ対策を始めなければならないのです。私達おみちの信仰者は、教祖の御教えを胸にエネルギーの無駄遣い、物の無駄遣いをしないように先頭に立って実践しなければならないのではないでしょうか。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク