グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

立ち止まって考えてみよう

 孫の勇君がやって来ました。勇君は家が天理教の教会で、一応教会長後継者になっています。
勇君は悩むとナオじいちゃんの所にやって来ます。
「ナオじいちゃん、こんにちは!」
「勇か、今日も元気がいいな」
「うん、僕は元気だけが取り柄だからね」
「でも、今日は空元気なんだ」
「どうした」
「最近青年会活動が停滞気味で、どうしたら良いか悩んでいるんだ」
勇君は、地区の青年会の委員長をしています。
「コロナの影響か?」
「そうなんだ、軒並みイベントが中止されて、何も出来なくなっているんだ」
「それじゃ今何をやっているんだ?」
「特に何もやっていない、やることが無いんだ」
「やることが無いと云うのはおかしいな」
「今まで、与えられたことしかやってこなかったからじゃないか」
「良い機会だから、一度立ち止まって考えて見ようじゃないか」
「青年会の委員長として今までやってきたことは、勇がやりたかった事なのか?」
「別にやりたかった事じゃなく、ただ何となく青年会本部から言われたからやって来たんだけど」
「勇は何かやりたいことは無いのか?」
「あるんだけど、何かぼやっとして、でも、青年会本部から言われていることは、自分のやりたいことではないと、前々から思っていた」
「今はそれを考える良い機会じゃないかな」
「青年会は『あらきとうりょう』であると、ワシは思っている」
「みかぐら歌に、『やまのなかへとゆくならバ あらきとうりやうつれてゆけ』とあるように、今までないことをやるのがあらきとうりょうだ」
「天理教の歴史を見ると、多くの活動、行事は、青年会が最初に行ったものだ」
「それが、最近はあまりない、おとなしすぎる」
「若いからこその発想で、何をしたいのか、何をやらなければならないのか、を考えてみるんだな」
「分かった、自分なりに考えてみるよ」
「ありがとう」

 

  

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク