グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

普請

 元治元年六月二十五日、飯降伊蔵が、初めて夫婦揃うてお礼詣りに帰った時、おさとが、救けて頂いたお礼に、何かお供さして頂きましよう。と言ったので、伊蔵は、お社の献納を思い付いた。
翌七月二十六日に帰った時、伊蔵夫婦は二人とも、扇と御幣のさづけを頂いた。この日伊蔵から、家内の身上の煩いを救けて頂いたお礼に、お社なりと造って納めたいと存じます。と、取次を通して申上げた処、教祖は、
「社はいらぬ。小さいものでも建てかけ。」
と、仰せられた。
どれ程の大きさのものを、建てさして頂きましようか。と、伺うと、
「一坪四方のもの建てるのやで、一坪四方のもの建家ではない。」
と、仰せられ、更に、
「つぎ足しは心次第。」・・・・・
(天理教教祖伝 第四章つとめ場所 より)
これは天理教における最初の普請、つとめ場所を建てるきっかけとなった話です。
このつとめ場所の普請は、最初は何人も寄り集まって相談の上取り掛かったのですが、大和神社のふしから一人減り二人減りと、最後は後の御本席様となられる伊降伊蔵さんだけが残って、無事完成することが出来たのです。
おぢばでの主な普請を次に挙げます。
中南の門屋 明治八年暮れ
御休息所 明治十六年陰暦九月十六日
かんろだいを囲んでの最初の神殿 明治二十一年
北礼拝場 大正二年十二月二十五日
教祖殿 昭和八年十月二十五日
今の神殿と南礼拝場 昭和九年十月二十五日
東西礼拝場 昭和五十九年十月二十五日
普請と云うのは建物を建てることですが、こころのふしんでもあると聞かせてもらいます。
今月の五日に私の友人であるM会長さんの神殿落成奉告祭が勤められ、私も参拝させてもらいました。
M会長さんの、いや先代の会長さん(M会長さんのお父さん)からの長年の夢である新しい神殿が出来るまでには、いろいろ紆余曲折がありました。
何もないところから、信者さんを一軒一軒回って歩き、心を込めて神殿普請の事を話されたそうです。
M会長さんの毎月の信者さんへ運ぶ心が、神殿と云う形となって表れたのだと思います。
M会長さんから、この普請にはいろいろ不思議な事があったと聞かせてもらった時、つとめ場所の普請の時の飯降伊蔵さんのように、一人でも神殿を建てるのだと云う心を、神様受け取って下さったのだと思います。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク