グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

火の守護

 親神様の十全の守護の続きです。
「親神様の十全のご守護の二番目は、人間身の内ではぬくみ、世界では火の働き」
「人間は体温が三十六度五分前後(個人差はあるが)でなければ正常に活動することが出来ない」
「その人間の体温を三十六度五分前後に維持するためには、食べ物からエネルギーを取り出し、体温を調節しなければならない。それが人間身の内のぬくみの働きじゃ」
「どうして体温を調節しているんですか?」
「それは、一つには血液を循環させて体温を調節しているのじゃ。血液は酸素と栄養を運んで、エネルギーを作っているが、また熱も運んでいる」
「冷え性の人が居るじゃろ」
「へい、うちのかかあも冷え性で、分厚い靴下を二枚重ねて履いているんですぜ」
「冷え性の人は、手足の末端の血管に血液が届きにくいから手足が冷えるのじゃ。女で冷え性が多いのは、女は火の働きを持っていて、男を尻に敷くからで、男は水じゃから冷たい水を尻に敷くと冷え性になる」
「風呂を考えてみろ、火は水の下で水を温めるから、お湯となって気持ちの良い風呂に入る事が出来るじゃろ。それと同じで、女は男を立てなければならない」
「良い事を聞いた、今度かかあに言ってやろう」
「体温を上げるには血液の巡りを良くすればよいが、体温を下げるにはどうすれば良いと思うかな」
「汗をかけば良いんですか」
「そうじゃ、人間は汗をかいて体温を下げる。でも、犬のように毛が多い動物は汗をかくことが難しい、ではどうして体温を下げるのか分かるか?」
「・・・・・・」
「犬は口でハアハア息をして熱を逃がしている、でもそれじゃなかなか体温は下がらない。だから、犬は夏が苦手なんじゃ」
「話はにそれたが、血液を循環させるのも、汗をかくのもすべて親神様のぬくみのお働きによるものなのじゃ」
「また、世界では火の働きと云うのは、太陽の温みで物が温められるから、人間は生きていく事が出来る」
「太陽と地球の距離がちょうど良いからで、これも親神様のご守護なのじゃよ」
「火は強ければ物が焼けてしまう、また、弱ければ役に立たない。適度の強さが良いのじゃ」
「これと同じで、人間もカッカと燃えすぎると弊害が起こる、熱心すぎるのも良くない。適度が良いのじゃよ」
「へえ、わかりやした」

 

  

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク