グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

価値

 物の価値とはいったい何でしょうか。

 物の価値には二つの側面があります。一つは共通の判断基準による価値で、もう一つは個別の判断基準による価値です。

 共通の判断基準による価値には色々なものがあります。たとえばいくらするのかというお金で表される価値、または多くの人が思っている常識(流行)的な価値、それに色や形・大きさや重さという抽象的な判断基準での価値、等々です。

 個別の判断基準による価値とは、その物に対する個人的な判断基準による価値、たとえば私はその物に対してどう思っているのか、どういう価値を認めているのかということです。だから同じ物に対して、人其々価値が違うということです。

 物の価値を考える時に、大事なのは個別の価値なんです。何故なら、みんなが良いと言っている物でも、自分にとっては大した事がない場合もありますし、みんなが悪いと言っている物でも、自分にとっては良い場合もあります。だから大事な事は流行や一般的な価値ではなく、自分にとって価値が有るか無いかなんです。

 みなさんは物を買った時に失敗したと思うことはありませんか。私は時々あります。そんな時は、その物を買う時に価値の判断が出来なかったり間違っていたりしたのです。流行や宣伝に乗せられたこともあります。

 だから、物に対する価値の判断基準(価値観)を磨くことです。自分にとって正しい価値観を磨くには、おみちの教理を勉強することです。

 また、物の価値は行動次第で変わることもあります。流行に載せられて買ったパソコンや健康器具が埃を被っていませんか。もしそうでしたら使ってください。使ってこれは便利だ、身体に良いと思ったら、その物の価値は上がったことになります。

 付け足しですが、私は買い物をする時に「値切る」事をしません。値切ると私にとってその物の価値が下がるように思うからです。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク