グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

自分のもの

「お母さん、どうしよう」
「どうしたの?」
「大事な大事なペンダントが無くなったの」
 そのペンダントは、ゆめちゃんが一年生の時にお誕生日にもらった、それはそれは大切なペンダントなのです。
「それは大変ね」
「ところで、そのペンダントはいつ無くなったの」
「日曜日にハナちゃんのところへ遊びに行った時はあったのよ。でも、今日宝箱を見たら無いの」
 ゆめちゃんは、大事なものはみんな宝箱に入れているのです。
「ハナちゃんのところから帰ったら、箱にちゃんとしまったの?」
「それがおぼえてないの」
「ハナちゃんのところでは遊びに夢中になって、それはそれは楽しかったから」
「ハナちゃんのところに忘れてきたとか、途中で落としたとか、思い出せない?」
「そういえば、ハナちゃんがあのペンダントをほしがっていたわ。ハナちゃんが隠したのよ、きっとそうだわ」
「ゆめちゃん、お友達をうたがうものじゃありません。こういう話があるのよ」
「むかし、教祖のお弟子さんで、かみひょうしろうさんと云う方がおられたの。その方の子供さんがタコを飛ばしていたら、糸がプツンと切れてタコは遠くへ飛んで行ってしまったの。子供さんは大事なタコを無くしたので泣きじゃくっていたら、かみひょうしろうさんは優しくこう言ったの。『そのタコが本当にお前のものなら必ず帰ってくる』と。その通りに後でタコは拾った人が持ってきてくれたそうよ」
「ゆめちゃん、ペンダントもタコも、みんな親神様からの借りものなの。このからだもそう、自分のものは一つも無いの」
「すべて、自分の心にふさわしいものを親神様が貸して下さっているの。だから、無くなっても自分にふさわしいものなら帰ってくるし、ふさわしくなければ帰ってこないのよ」
 その時でした、電話のベルが鳴ったのは。
「ゆめちゃん、ハナちゃんのお母さんから電話で、ゆめちゃんのペンダントが座布団の下にあったそうよ」
 そのペンダントはゆめちゃんにふさわしいものだったようです。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク