グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

まいた種通り

 ゆめちゃんの家には小さな畑があります。お母さんはその畑に、トマトやキュウリやナスなどの野菜を植えます。ゆめちゃんも時々、タネをまいたり水をかけたりしてお手伝いをします。
「ゆめちゃん、このからどんな実が成るかわかる?」
そのは、春にゆめちゃんがまいた種が芽を出して大きくなったでした。ゆめちゃんは葉の形を見ても、トマトのなのかナスのなのか分かりません。
でも、種をまく時にお母さんが、この種はゆめちゃんが好きなトマトの種なのよ、といったことを思い出しました。
「トマトの実が成ると思うわ。」
「そう、このはトマトのだからトマトが成るのよ。」
「トマトの種をまけばトマトのが生えてきてトマトの実が成るの。キュウリの種をまけばキュウリのが生えてきてキュウリの実が成るのよ。」
「種をまけばその種通りの実が成るのよ。」
「私たちの暮らしも同じで、良いことを思って良いことをすれば、良い種をまいたのと同じで、良いことが返ってくるの。」
「その逆で、悪いことを思って悪いことをすれば、悪い種をまいたのと同じで、悪いことが返ってくるのよ。」
「でも、となりのおばあちゃんが言ってたけど、一生懸命やっているのに良いことなんか何にもないって、それに雑草は種をまかないのに生えてくるわ、それはどうしてなのお母さん。」
「雑草は私たちが種をまかなくても、どこからか種が飛んできてまいたのと同じように生えるのよ。」
「種は土に埋めないと芽が生えたり根が出たりしないの。土でかくさないとだめなの。だからコンクリートに種をまいても生えてこないのよ。」
「私たち人間は、良いことはみんなに知ってもらおうとするけど、悪いことは隠そうとするでしょ、それは良い種はコンクリートにまいて、悪い種は土に埋めるようなものなの。」
「だから、良いことをしてもなかなか芽生えないけど、悪いことをすれば芽生えるのよ。」
「ふうん、そうなんだ。これからは良いことをしても自慢しないようにしよう。」

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク