グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

明けましておめでとうございます

 今年は雪も少なく穏やかに新年を迎える事が出来ました。
今年は教祖百三十年祭三年千日の二年目です。ホップ、ステップ、ジャンプのステップの年です。
真柱様は諭達第三号で、
「よふぼくは、教えを学び身につけ、日々実践して、土地所の成程の人となろう。天地抱き合わせの理を象る夫婦をはじめ、己が家族の在り方を正し、たすけ合いを実行して、足元から陽気ぐらしの輪を広げよう。」
と、ようぼくは何をすべきかをお示しくださっています。
おふでさきに
をやこでもふうくのなかもきよたいも
みなめへくに心ちがうで  五号八
とありますように、私達は銘々心が違います。信仰の度合いも違います。だから同じ事をしなければならないと云う事は無いのです。銘々が其々の心で、其々の信仰の中で成人していく事が大事だと思います。
今まで知人が悩んでいた、苦しんでいたのに、声を掛ける事が出来なかったら、声を掛ける事が出来るように。恥ずかしくておさづけを取り次げなかったら、思い切って取り次げるように。
今まで天理教を信仰していると他人に言えなかったら、言えるようなるように。神様の話が出来なかったら、天理教の神様はこんなすばらしい神様ですよ、と言えるようになるように。
少しずつ努力をしていけば良いのです。
それには心定めをする事が良い方法です。心定めとは目標を設定することです。目標を設定すると、無理なことでも出来るようになります。
今年は心定めをして、一歩前に進みましょう。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク