グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

すきま風

 最近インフルエンザが流行っていますね。みなさん気をつけましょう。
ところで、お隣のトメさんも風邪をひきました。
トメさん、風邪が治ったら、早速ナオじいちゃんの処へ遊びに来ました。
「ナオじいちゃん、なんで風邪をひくんですかね?」
「それはな、風邪をひくんじゃなくて、風を吹くんだよ。」
「えっ!それはどういうことですか?」
風を吹くというので、トメさんもびっくり、普通は風邪をひくと言いますよね。でも、ナオじいちゃんの説明を聞いてみましょう。
「風が吹くと寒いだろう。大きく戸を開けていると寒いので厚着をするわな。でも、すきま風ならどうだろう、大したことがないと薄着のままでいる。そこで油断して風邪を引く事が多いのじゃ。」
「おみちの教えでは、病の元は心からと教えられている。風邪の元は不足する心からなんじゃ。」
「誰でも、不足する時は口をすぼめるじゃろ。口をすぼめるとすきま風が吹く。すきま風が吹くと風邪をひくというわけじゃ。杉良太郎はしょっちゅう風邪を引いているらしい、というのはうそじゃ。」
「わしは不足しないから風邪を引いた事がない。」
実は、ナオじいちゃん十年以上も風邪を引いた事がないのです。
おやさまは次のようにおっしゃっておる。
『どんな新建ちの家でもな、しかも、中に入らんように隙間に目張りしてあってもな、十日も二十日も掃除せなんだら、畳の上に字が書ける程の埃が積もるのやで。鏡にシミあるやろ。大きな埃やったら目につくよってに、掃除するやろ。小さな埃は、目につかんよってに、放っておくやろ。その小さな埃が沁み込んで、鏡にシミが出来るのやで。』
「些細なこと、小さい事でもほっておくと大きな事になるのじゃ。」
「分かりました。これからは不足しないようにします。」

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク