グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

いただきます

 今日も元気なゆめちゃん、保育園から帰ってきて開口一番、
「お母さん、お腹すいた」
でした。

「戸棚に焼き芋が入っているわよ」
と、お母さんの優しい声が返ってきました。

 ゆめちゃんは、かばんを置いて着替えたら、早速お菓子を御馳走になります。
「いただきます」と、手を二つたたいて、チョッとあたまを傾けました。
 ゆめちゃんのどうして攻撃が始まりそうです。

「おかあさん、どうしてごはんやお菓子を食べる時に、手を二つたたいて、いただきます、と云うの?」

「それはね、神様の二つのお働きによって、食べ物を食べることができるからよ」
「ゆめちゃん、この焼き芋はどうして出来るか知ってる?」

「さつまいもを焼くんでしょ?」

「そのさつまいもはどうして出来るか知ってる?」

「農家の人が畑に植えて出来るんでしょ?」

「でも、農家の人が作るんじゃないのよ、農家の人が植えたさつまいもの種イモが、神様のお働きで水や栄養を吸収して、芽が生え成長し花が咲き、地下の根が大きくなり、さつまいもになるのよ」
「だから農家の人の苦労もあるけど、神様の作物を育てるお働きがあるからこそ、このさつまいもが出来るの」
「それに、神様の飲み食い出入りのお働きによって、ゆめちゃんの食べたさつまいもは、体を動かす力になったり、体を大きくする材料になるの」
「だから、神様の二つのお働きに感謝するという意味で、手を二つたたくのよ」

「分かった、こんどから神様にお礼を言って食べるね、それとさつまいもを作ってくれた農家の人と、焼き芋にしてくれたお母さんにもネ」

 
 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク