グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

おさづけ

 ある時、ゆめちゃんは病気になりました。熱が三十九度に上がり、頭が痛く体が氷のように冷たいのです。

 ゆめちゃんが熱にうなされている時、おかあさんの声が聞こえてきました。お祈りするような声です。そして、頭や体をさすってくれたのです。

 そうしたら、何故かぽかぽか温かくなってきたのです。頭の痛みも和らいできました。 ゆめちゃんはぐっすり眠る事が出来ました。次の日はすっかり良くなりました。

「おかあさん おはよう!!」

 ゆめちゃんに元気な声が帰って来ました。

「ゆめちゃん おはよう おさづけがきいたのかな」

 おかあさんが返事を返してくれました。

「おかあさん、おさづけ ってなあに」

「おさづけは、病気や怪我で痛いところを、どうぞ直して下さいと神様にお祈りする事なのよ」
「ゆめちゃんの体も、おかあさんの体も、神様からお借りしているの」
「神様はみんなが仲良く元気で暮らすように、私たちに体を貸してくださっているの」
「でも、わがままな心や自分勝手なことをすると、病気や怪我などで神様がお知らせくださるの」
「だから昨日は神様にお詫びして、どうか病気を直して下さいとお願いをしたの それをおさづけと言うのよ」

 ゆめちゃんは納得しました。というのも、少し自分勝手なことをしたからです。ゆめちゃんも神様にお詫びしました。そしてこれからは自分勝手なことをしないとお誓いしたのです。 


 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク