グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

電子書籍

 iPadが日本で売り出され、購入したい人が殺到したそうです。でも、購入できない人も多く、だいぶ待たされるようです。

 iPadは電子書籍に分類されるそうです。いわゆる電子機器で本を読むもの、というものでしょうか。

 何故こんなに人気があるのか?

 一つは、数年前に発売された同じ会社のiPhoneや最近のスマートフォーンのブームがあると思います。

 電子書籍は昔もありました。でも人気が無かった。あまり売れなかった。

 誰でも、重い本や辞書を持ち歩きたいとは思わないでしょう。何時でも何処でも本を読みたいという願望は、電子書籍や電子辞書を作りました。

 私も、電子書籍ではないですが、情報を持ち歩きたいと思い、PDA(携帯情報端末)をいくつか購入しました。でもほとんど利用しませんでした。

 原因は、見づらい、操作が面倒くさい、他と共有できない、等々です。

 iPhoneがそれを一変しました。それに続くスマートフォン、そして大きい画面のiPadが頂点に達した感じです。
 電子書籍には、もう一つKindleがあります。これも人気があるそうです。

 iPadが本を読むだけでなく、ゲームや音楽など色んなことが出来るのに対して、Kindleは読書に特化していますが、液晶でなく目に優しい電子ペーパーを使っていることが大きな違いです。

 私は仕事などに使う書籍を買う事が多いのですが、情報が古くなって使えないものが溜まっていきます。もったいないと思いながらも処分をしなければなりません。そこで、電子書籍は紙やインクを使わなくて済むので環境にも良いのです。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク