グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

 肩とは、腕に接している部分のことである。一般に球関節の構造を持ち、回転、旋回、挙上、引き下げ、牽引、屈曲、伸展などの複雑な動作が可能である。また、多くの筋肉から構成されており、強い力を出すことができる。(ウィキペディアより)

 肩は物を背負う時に一番力の掛かる部分です。肩には責任という事に関連した言葉があります。「責任が双肩に掛かる」とか「肩書き」などです。

 肩は腕を回転させたり、前後左右に動かす時に筋肉を使います。手を使って何かをする時は、自然と肩を使う事になります。でも、机に座って仕事をする時は、肩の筋肉を余り使わないので、筋肉が固くなって肩こりが生じる事があります。

 肩は本来重い荷物を背負うために神様が与えてくれたものだと思います。責任の重い仕事や役割を与えられたら、それを喜んでするのが良いのではないでしょうか。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク