グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー

厄年は役年

 節分には豆まきをする習わしが有ります。豆まきは、炒った大豆をまき、蒔かれた豆を、自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。豆をまくことには、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあると言います。

 また、最近は恵方巻といって、太巻き寿司を節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位、今年は南南東)に向かってまるかぶりする、というのが流行っているそうです。元は関西地方の海苔販売業者が江戸時代の行事を復活させたのが始まりだそうですが、コンビニを通じて全国的に広がりました。

 同じような行事に「厄払い」があります。厄払いは「厄年」の人が教会や神社で払ってもらうことです。厄年の事を百科事典ウィキペディアでは次のように解説しています。

 元来、厄年の「ヤク」とは「役目」の「役」のことで、共同体の中で重要な役割を担う年齢のことであった。特に神事に関わる役目を担うことから、厳重な物忌みなどが求められたが、次第にもとの意味を失い、身を慎む習慣が残った。

 一般的に男性と女性の厄年は異なり、男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされており、語呂合わせでも男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じる。

 また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、いずれにしても体調や精神的に不安定になりやすいとされている。そのため、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとされている。

 教祖は、「悪い日はない、みな善い日や」と仰っています。これは、悪い年はないみな良い年や、と言うのと同じだと思います。ですから厄年ではなく、役に立つ年役年なんだと思います。役年だから身体に気を付け身を慎むというのが、厄払いの意味合いだと思います。

プリンタ用画面
友達に伝える
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク