グーグル検索
Google
WWW を検索
「あぶらかわ」を検索
メニュー
投稿者 : hotkame 投稿日時: 2013-07-11 (1693 ヒット)
縦の繋がり

津軽新城分三代会長就任奉告祭

 去る六月二日、部内の津軽新城分教会の三代会長就任奉告祭(蝦名敬子会長)が、大教会長様御臨席のもと教区長先生はじめ来賓の先生方を迎えて、盛大に行われました。
十時から祭儀式、おつとめを勤め、その後大教会長様の御講話がありました。そのお話の中で、「今は教祖百三十年祭の三年千日という旬であり、また大教会としては十一月に六代会長就任奉告祭及び創立百二十年記念祭を行う旬が重なった時に、会長となる事は素晴らしい事である」と言われました。
また、午後二時から場所を移して、祝賀会が行われました。参加者は約五十名、そのうち当教会からは九名が参加しました。
 

 

 

 

 


投稿者 : hotkame 投稿日時: 2013-07-11 (1633 ヒット)
縦の繋がり

ヨーロッパ滞在記

2 ドイツで初めて

 八日、今日はドイツで初めて天理教式でお葬式を勤める日です。会場はミュンヘン市の葬式専門の施設でオストフィードホフ葬儀場(Krematorium ost-friedhof)という所です。
10時から行うのですが、30分程前に(本来は5分前でないと入れないのですが、今回は準備をしなければならないとお願いして早く開けてもらいました)会場に入れてもらい色々準備をしました。台は会場のテーブルをお借りして、御霊の社と三方、皿等はパリのヨーロッパ出張所からお借りしました。棺は木ではなくがっちりした物で、日本のように顔を見てお別れすることは出来ません。その周りに多くの花が飾られていました。
まずドイツ式セレモニーで、荒関隆さんの友人二名の追悼の挨拶がありました。もちろんドイツ語で話されたので私は何を言ったのかは分かりません。一人はキリスト教の牧師さんだそうです。
次にいよいよ天理教式の告別式です。厳かな中にも柏手の音が静かに響きました。
私は払いの言葉を言上しましたが、建物全体が響くような構造になっているのか、まるで良い音響システムを使って話しているような感じでした。
続いてもう一人の斎官が払いの行事を行いました。
次に斎主が告別の祝詞を奏上しました。故人のドイツでの布教を始めた時から今に至るまでの歴史を淡々と述べました。その後その祝詞のドイツ語訳をドイツ語の通訳をして下さった志水さんがドイツ語で披露しました。
特筆すべきは、真柱様のご弔電が届いた事でした。ご弔電のドイツ語訳が報告されました。
後日、荒関美智子(個人の長女で喪主)さんは、この告別式を見た参列者の方々(全員ドイツ人)は感銘されたと話しています。


 


投稿者 : hotkame 投稿日時: 2013-06-13 (1164 ヒット)
縦の繋がり

ヨーロッパ滞在記

1 急な出発

  私は、突然の大教会の御命により、五月六日から十六日まで、ドイツのミュンヘン及びフランスのパリへ行って来ました。
それは何故かと申しますと、大教会の直轄の出張所がミュンヘンにありますが、その所長である荒関隆さんが出直したため、ミュンヘンでお葬式をする事となり、その斎官のひとりに選ばれたからです。
でも、私が特別優秀だからと云う訳ではなく、たまたまパスポートを持っていたからにすぎません。でも、出発には苦労しました。月次祭の事を頼んだり、仕事の予定を変更したりと、電話を掛けまくりました。
ドイツでの天理教の布教は大変厳しいものです。キリスト教が国教なので他の宗教を信じる事は難しく、まして布教することは尚の事です。荒関隆さんは、そのドイツで天理教の布教の公認をとった方でした。
六日に青森を出発し、夕方天理に着き、その日は詰所で一泊しました。
七日は関西国際空港を11時20分発のエアーフランス航空の飛行機で、約12時間掛けてパリのドゴール空港に午後5時20分頃着きました。計算がおかしいと思われるかもしれませんが、日本とフランスでは時差が七時間(サマータイムなので、本来は八時間)ありますのでこの時間となります。
このドゴール空港を21時5分発のルフトハンザ航空の飛行機で、ドイツのミュンヘンへ飛び、23時10分にミュンヘン空港に着きました。その日はホテルに泊まりました。
 


投稿者 : hotkame 投稿日時: 2012-05-09 (2982 ヒット)
教会トピック

 去る五月六日の善き日に、四代会長就任奉告祭が盛大に行われました。
当日は教会にて祭典が執り行われ、その後ホテル青森に会場を移して祝賀会が開催されました。
祭典はおつとめ奉仕者二十四名、参拝者三十名の総勢五十四名が、陽気におつとめを勤めました。
その後、大教会長より御講話があり、会長を始めようぼく一同は緊張の中お話を傾聴しました。
最後に、会長がお礼と決意表明をいたしました。
祝賀会では、打って変って和やかな雰囲気で、教区長のご祝辞があり、支部長の乾杯の音頭と続きました。
余興では、同じ油川に拠点を持つ龍神太鼓保存会の方々が、迫力のある演奏を披露して喝さいを浴びました。その後高橋咲子ちゃん、陶子ちゃんの歌でカラオケ大会の幕を開け、楽しいひと時を過ごしました。
最後に、予定外の三本締めの要望がありハプニングの中お開きとなりました。
 


投稿者 : hotkame 投稿日時: 2012-04-06 (2741 ヒット)
教会トピック

 

 真柱様より教会長の理のお許しを戴く

 去る、三月二十六日、阿部豊は、教祖殿に於いて真柱様より、油川分教会四代会長の理のお許しを頂きました。
当日は、大教会長様をはじめ浪岡分教会長様、責任役員小山内修一さん、責任役員櫻田仁志さん、津軽新城分教会の蝦名敬子さんが付き添いで行って下さいました。皆様本当にありがとうございました。
まだまだ未熟者ではありますが、気負うことなく教会長と言う役目を勤めさせて頂きたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。
 

   詰所の前にて

  教祖殿の前にて


« 1 (2) 3 4 5 ... 7 »
今月の言葉
ゆめちゃんのどうして日記
ナオじいちゃんの本日も晴天なり
カメ吉先生の修養科物語
心の処方箋
新着リンク